犬・猫の病気

気になる症状はありませんか?

「いつもと何か様子が違う」「元気がないかも?」
ちょっとした仕草や症状が、飼い主に異常を知らせるサインです。普段と異なる何かを感じたら、お気軽にご相談ください。

犬の病気

眼瞼外反症

まぶたがめくれて結膜が露出します。目をこする刺激で結膜炎や角膜炎になる可能性があります。

眼瞼内反症

まぶたが内側に巻き込まれて睫毛が目にあたり、涙が多くなります。目をこすって結膜炎や角膜炎になりやすくなります。

結膜炎

目の周囲が涙で濡れ、目ヤニが増えます。瞼の裏や白目が赤くなり、かゆみや痛みが出ます。前肢で頻繁に目をこすってしまい、角膜を傷付けて視力が悪化する場合があります。

角膜炎

黒目を覆う膜が炎症を起こし、痛みで目を開けられず涙が多く出ます。悪化すると角膜が白く濁り、潰瘍ができてしまう場合もあります。

白内障

目の奥にあるレンズ部分が白く濁り、悪化すると視力の低下や失明に至ります。早く進行している場合は手術が必要になる可能性があります。

緑内障

急性は強い痛みを伴い、食欲や元気がなくなることもあります。ゆっくり進行している場合は目の色の変化には気付きにくいかもしれません。最終的には失明してしまいます。

外耳炎

頭をふる、耳をこする、耳の裏をかくなどが見られます。
痛みが出て触られるのを嫌がる場合もあります。
悪臭のする黄褐色の耳だれが出て、耳のまわりが汚れていることも。何度も発症を繰り返すと外耳道が腫れでふさがることもあります。

中耳炎・内耳炎

外耳炎の慢性化で鼓膜が破れ、炎症が内部に広がったものです。頭を片方に傾けていたり、円を描くように歩く、眼球が左右に揺れるなどの症状もあります。

皮膚

食物アレルギー性皮膚炎

顔や体をかゆがる、皮膚が傷付く、下痢などの症状があります。治療用のフードに切り替えて生活させます。

アトピー性皮膚炎

目や口のまわり、脇、内股などの皮膚にかゆみや赤みが起こります。2~3才以下の若いうちの発症が多いようです。

ツメダニ症

ツメダニの寄生により、フケがたくさん出たり、強いかゆみを生じたりします。

鼻・喉

鼻炎、副鼻腔炎

くしゃみや鼻水のほか、悪化すると鼻水に血が混じったり、鼻がただれたりするようになります。鼻づまりや炎症で呼吸が苦しくなり、口呼吸したり、またゼーゼーとしんどそうな呼吸をしたりすることも。

鼻出血

少量で長く続く鼻血は要注意です。鼻の中の腫瘍や、重度の歯周病、血が止まりにくい病気などが考えられます。早期の治療が大切です。

猫の病気

角膜炎

黒目を覆う膜が炎症を起こし、痛みで目を開けられず涙が多く出ます。悪化すると角膜が白く濁り、潰瘍ができてしまう場合もあります。

角膜腫瘍

角膜炎が進行したもので、目に激痛を伴います。白内障・緑内障とならぶ目の三大疾病と呼ばれています。

結膜炎

猫伝染性鼻気管炎や、猫カリシウイルス感染症にかかるとよく見られます。症状は目の充血、腫れ、かゆみ、痛み、目ヤニ、また膿のような分泌物があります。

白内障

瞳孔が白く濁って見え、悪化すると視力が低下します。原因は糖尿病や老化が考えられます。

網膜剥離

慢性腎不全から起こることがあり、失明の可能性があります。目の中で出血しているケースもあります。

耳ダニ

黒い耳垢が出て、かゆみで頭を振ったり足で掻こうとしたりします。ほかの動物に感染する場合があります。

皮膚

アレルギー性皮膚炎

患部に湿疹が出て、強いかゆみを伴います。激しく引っ掻いたり、舐めたりするようになります。

疥癬症

顔や足などにかさぶたができ、フケが出るようになったりして、強いかゆみを伴います。カイセンダニという寄生虫による皮膚病です。

ノミアレルギー性皮膚炎

背中やしっぽの付け根によく見られ、体毛が抜けて強いかゆみを伴い、露出した皮膚が赤くなったりします。

白癬

顔などに円形状の脱毛、かさぶた、フケなどが認められます。真菌による皮膚病です。

TEL:075-921-0602 お問い合わせ