2018.11.16更新

皆さんこんにちは。動物看護師の村田瑞季(むらた みずき)です。
私は9月で15歳になったチワワを飼っています。名前はピーです。
年を重ねるにつれてどんどんわがままになっているピーくん。今では頑固なおじいちゃん。
今月は高齢になって少しずつ腎臓が衰えてきたピーくんに、我が家で行っている食事管理についてお話ししたいと思います。181116-1  

14年間大きな病気にかかることなく、のびのびと暮らしてきましたが、1年前くらいから血液検査で腎臓の数値が少しずつ上がり始め、今年の6月の血液検査で基準値を超えました。そこからお薬を飲み始め今に至ります。食事に関しては若い頃からフードに対する欲が少なく、食べムラがあったので、腎臓の療法食だけではかたくなに食べてくれず、一時期、危険な状態まで体重が減ってしまいました。実際のところ療法食のみの食餌が望ましいのですが、高齢というのもあり食べてくれる事が優先なので、手作り食をスタートしました。181116-2

今食べているロイヤルカナンさんの腎臓サポート+低分子プロテインを食べやすいようにハサミで四等分にカットし、そこに味付けなしで茹でた魚や野菜をトッピングしています。181116-3
手作り食と言ってもドライフードにトッピングをしているだけなので、完全手作り食ではありませんが嗜好性が上がり、食いつきは良くなりました!!
この日のトッピングは鮭、ジャガイモ、人参、小松菜です。181116-5

腎臓に優しい食餌の基本は、タンパク質、リン、ナトリウムを制限する事なので、その3つが高くないかに注意してトッピングする食材を選んでいます。
ですが・・・
最近急に寒くなったせいか、寒がりのピーくんはなかなかベッドから出てきてくれません(^_^;)181116-4

これからどんどん気温が下がってくるので皆さんも体調管理に気を付けてくださいね

投稿者: 西向日どうぶつ病院

TEL:075-921-0602 お問い合わせ