2018.07.24更新

初めまして。昨年11月末から勤務しております、獣医師の安田菜美恵と申します。

ご家族とワンちゃん、ネコちゃんとの暮らしがより良くなるよう、丁寧な説明と診察を心がけています。些細なことでもお気軽にご相談下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

さて、今日は「猫のフィラリア症」についてのお話です。
ワンちゃんを飼っている方にはなじみの深い「フィラリア症」。実は最近、お外に出ない猫ちゃんにもかかる病気であることが分かってきました。

「フィラリア」とは蚊によって運ばれる寄生虫で、ワンちゃんやネコちゃんが蚊にさされることで感染し、心臓や肺の血管に入り込んでしまう厄介な虫です。180724-1

ネコちゃんがフィラリア症にかかってしまうと咳が出たり呼吸が苦しくなったりします。また、診断や治療がワンちゃんよりも難しいため命を落とす可能性もあります。180724-2

この病気からネコちゃんを守るためには「予防薬」が必要です。予防薬と言っても首の後ろの皮膚につける液剤タイプですので、お薬が飲みにくいネコちゃんでも安心です。
予防シーズンは12月まで、毎月1回ご自宅でお薬をつけて頂くことになります。180724-3 

お薬の処方には体重測定と身体検査が必要になりますので、ネコちゃんと一緒にご来院下さい。
もうすでに沢山の蚊が飛んでいますので、フィラリア予防をしっかりして、暑い夏を乗り切りましょう!
詳しくは当院スタッフまでお問い合わせください。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2018.07.02更新

180708

投稿者: 西向日どうぶつ病院

TEL:075-921-0602 お問い合わせ