2014.07.25更新

ひめちゃんが入院して1週間が過ぎました。

排尿の前など、ときどき目覚めて手足を動かしますが、
ほとんど1日深く眠っている状態です。

重度の脳炎ですので、意識がしっかりしてくるまで、
少し時間がかかると思われます。
毎日少しでも良い兆候が出てくれないかと祈るような気持ちで
見守っています。

点滴の量を少しずつ減らし、その代わりに口から水分や流動食を
飲ませていきます。

ご家族と相談の上、退院は日曜日と決まりました。
退院後は、全ての水分・栄養分を口から飲ませなければ
なりません。薬も飲ませないといけませんね。
最初は慣れないお世話に戸惑われることもあるかもしれませんが、
ご家族の愛できっと充実した生活を送ることができるでしょう。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.24更新

ひめちゃんの脳を至急検査する必要があるため、
MRIのある施設に何軒か問い合わせましたが、
吹田市にある病院で、すぐに検査ができるというお返事を
いただきました。
車での移動は体に負担がかかるかもしれませんが、
心配してばかりはいられません。
いつもより慎重な運転で高速道路を走りました。

MRI検査の結果は、「脳炎」でした。大脳のかなり広い範囲で
炎症が起こっており、脳がかなり腫れた状態になっています。
この数日で急激に症状が進行していますので、危険な状態で
あることには間違いありませんが、MRIで画像診断が
つきましたので、あとは消炎剤を高用量で使っていくという
治療方針をと立てることができました。

この先、ケンレンが起こったりすることもあるでしょうけれど、
その都度、対応して、何とか乗り越えて欲しいと思っています。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.23更新

ひめちゃんは、7歳のミニチュアダックスです。

2日間ペットショップにお泊りして、シャンプーをしてもらい帰って
きたのですが、家に帰ってからも元気がなく、ご飯を食べない
状態でした。今日も朝から歩くときにふらつきが認められ、
夕方ご主人が仕事から帰ってみると、立つことができなくなって
いました。

午後の診察に来られましたが、四肢ともうまく力が入らず、
目は左右に揺れています。脳の異常が予想されます。
血液検査では、低血糖が認められましたので、急ぎブドウ糖の
点滴を行います。呼吸もしんどそうなので、酸素吸入をしながら
治療を進めて行きます。

治療を続けているにも関わらず、ひめちゃんの容態は徐々に
悪化していきます。意識がもうろうとしてきて、ほとんど眠って
しまっているような状態です。強い刺激を与えると少し動きが
認められますが、自分で態勢を変えることもできず、すっと
眠ったままです。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.19更新

今日は初めてパピークラスに参加されるワンちゃんが4頭でした。
それぞれのペースで床に置いてある素材の上を歩いてもらいました。

   まるちゃん     とみちゃん      あずきちゃん
  (キャバリア)    (チワワ)      (トイプードル) 

初めから床に置いてある物を気にせず歩きまわる子犬もいますが、
戸惑う子犬もいます。
そんな場合は飼い主さんに声をかけたり誘導して、
一歩踏み出す勇気を応援してあげますsign03
"物の上を歩く時にゴホウビのフードをもらえた"と
良いイメージがつくと、自分から通るようになってくれます。


だいずくん(トイプードル)は前足で器用にオモチャを転がしています。
コロコロ転がしてるうちに小さな穴からフードが出てくるので
夢中になっていますsign01

ペットショップにはたくさんのオモチャが売っていますが、
フードを入れられるオモチャは、好奇心旺盛で食欲のある
子犬の時期にぜひ利用して欲しいものですok

逆に子犬にはおすすめしない物もあるので、パピークラスでは
実際に体験してもらいながら飼い主さんにオモチャの選び方を
ご説明していますpenguin

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.15更新

脱臼した股関節をを手で戻そうとやってみましたが、
痛がるばかりでうまく戻りませんwobbly
また、仮にうまく戻せたとしても、再度脱臼する可能性は
非常に高いと考えられますnight

ご家族と相談の結果、当院で採用している方法で手術を
受けていただくことになりました。

手術をいつするのか? 
先延ばしにしても痛みが続くだけですので、
来院当日の午後から手術をすることになりましたyacht

手術も無事終了し、あとは術後の痛みと感染のコントロールをしっかり行います。
次の日には少しだけですが足を着いて歩くことができるようになりました。
予定通り、手術翌日にめでたく退院ですscissors

入院期間はできる限り短くした方が、ストレスが少なくてすみますからね。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.14更新

来院されたのは8歳のダックスさん♀。
右後肢をちょっとだけ引きずるように歩きますcancer
触診すると、右後肢が左と比べて短いように見えますdenim
膝蓋骨(しつがいこつ)はやや緩めですが、正常な位置にあります。
電話でのやり取りで考えていたこととは、少し違っているようですdespair

まずはレントゲンを撮らせてもらいました。
結果は・・・一緒に来られていた小学生の娘さんが見てもすぐに
分かる脱臼です。
後肢の付け根の関節が、見事に外れていますflair
膝蓋骨ではなく・・・股関節(こかんせつ)脱臼でした。

手術しますか?
当院で採用している手術方法でしたら、
①準備して午後からすぐに手術できますし、
②1泊で帰れますし、
③35万円も・・・絶対かかりませんし・・・ね。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.13更新

と、電話がありました。
お話を聞くと、他院で膝蓋骨脱臼の手術を勧められたが、
「手術代として35万円かかる」と言われたそうですannoy
膝蓋骨脱臼を治療するための手術方法にもいろいろあります。
大学病院あるいは外科専門の病院で最先端の器具・器械を
用いて手術をされた場合、それくらいの費用がかかるかもしれませんcoldsweats02

前回は脱臼した部分を戻してもらったが、今回が2度目の発症
とのこと。
「やはり手術をした方が良いのでしょうか?」 と悩んでいらっしゃいます。

ワンコを診ていない状態で、電話の会話だけでは十分な説明が
できないので、一度診察にお越しいただくようにお願いしました。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.12更新

ベルちゃんのお家が引っ越しをされることになりましたhouse
荷物をまとめる日、引っ越し当日、片付けの日
合計3日間、2泊3日でお預かりすることになりました。

ワンコやニャンコと一緒に暮らしていると『引っ越し』をすることは
なかなか大変な作業になります。
引っ越しの前後で落ち着きが無くなったり、体調不良を起こす
こともあるでしょうsad

今回、ベルちゃんのお家は同じ市内への引っ越しでしたので、
ベルちゃんをお預かりすることでストレスなく引っ越しが出来た
のではないかと思いますwink

あとは、新居にベルちゃんが慣れてくれることを祈るのみですchair

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.11更新

ココアちゃんは、2歳のジャンガリアンハムスター。
2か月前に診察をした時に、右脇の下に直径5ミリのデキモノが
ありました。
早めに手術を・・・とお話をして、本日手術することになりました。が・・・

2か月の間にデキモノは1.5倍ほどに大きくなっており、
さらにアゴの下にも小さなデキモノが・・・thunder
ということで、今日は2か所のデキモノを摘出する手術と
なりました。

ココアちゃんの体重は36グラムですので、
手術の時に1滴でも出血すると、大出血です。
電気メスを使って、出血を抑えながら、少しずつ切開して
いかなければなりません。
デキモノを切り取ったあとも、細かく縫い合わせなければ
いけません。
すべて、かなり集中力が必要な作業の連続ですsweat02

30分ほどで、無事、2個のデキモノを切り取ることができましたが、
汗のかき方は、普段の3倍くらいだったでしょうかsweat01

無事に手術が終わって、良かったですscissors

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.08更新

日本猫のクロちゃんは、18歳のオスにゃんこ。
慢性腎不全や、甲状腺機能亢進症などを発症し、
毎日薬を飲んでいますwine

今朝早く、お父さんから「耳から出血して血まみれになっている」と
電話がありました。
診察が始まるまでは、まだ時間がありますが、
急いで来ていただくことにしました。

来院したクロちゃんも、お父さんも血まみれですshock
クロちゃんが耳の先にできた腫瘍を自分で引っ掻いて出血し、
止まらなくなったようです。
お父さんの血は、クロちゃんをキャリーケースに入れるときに
付いたもののようです。 何だか、壮絶・・・

出血を止めるには、手術をして腫瘍を切除しないといけません。
あとの治療のことを考えて、1週間入院させていただき、
治療をすることになりました。
頑張れ、クロちゃんsign03

投稿者: 西向日どうぶつ病院

前へ

TEL:075-921-0602 お問い合わせ