2018.02.24更新

今日はもうすぐお散歩に行ける3頭のクラスが待合室で開催されました。

可愛いお洋服を着せてお出かけしたいと思っている方も多いと思います。まずはバンダナに首を通す練習をして身につける物に慣らしていきましょう。

180224-1ミルクくん

180224-2輪太郎くん

180224-3いちごちゃん

お外で人に会った時にいきなり飛びつかずにオスワリできるとマナーの良いワンちゃんと褒められますね。クラスではご家族以外の方からオスワリさせてもらうのも練習に取り入れています。180224-4ミルクくん よそのご家族のお子さんの前で上手にオスワリ出来ました(^_^)v

180224-5新たにフセの練習をしている輪太郎くん

ご褒美にフードを使いながら教えてあげると思いのほか上手にできるので飼い主さんもびっくりされていましたね。

フセやゴロン、マテ、ツイテなどワンちゃんに教えてあげたいことはまだまだあります。

ワンちゃんの集中力は短い時間しかありませんので最初はフードを使いながら無理せず楽しく練習していきましょう。徐々にフードがなくてもできるように切り替えていきます。
クラスを修了しても練習は続きますので、プライベートレッスンや月に1回のインストラクターさんのクラス(次回は3月24日15:30~)にもご予約ください。

 

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2018.02.17更新

お散歩に出られるようになったえれんくん。今日は待合室で最後のプライベートレッスンです。オスワリは今日も綺麗に出来ています!ちょっとお顔が大人っぽくなってきましたね。180217-1-1 

子犬をおうちに迎えられると咬まれたり飛びつかれることで悩まれる飼い主さんが多いですが、オスワリが出来るようになることは解決への糸口です。
えれんくん は レッスン中にも何度もオスワリ出来ました。
オスワリの教え方は様々ですが、脅かすようにして教えるとその人の言うことしか聞かなくなってしまうので要注意!そしていろいろな場面でも座れるようにするために、座った時に言葉で褒めてからゴホウビをあげましょう。褒め方は様々ですし、ゴホウビも食べ物だったり、遊ぶことだったり、ワンちゃんの性質やその時の状況によって違います。

今日のえれんくん は、子供さんにも飛びつかずにオスワリして、180217-1-2 

手を噛むことなくゴホウビのフードを貰えるようになりましたね。180217-1-3 

オモチャの体験もしてもらいました。知育玩具(オモチャ)は、使い方によってはワンちゃんを興奮や咬みつきの面白さへと導いてしまうのでその子に合ったものを使います。180217-1-4えれんくん はオモチャも大好きですね。

180217-1-5持参されたコングを使って一緒に歩く練習もしました。
パピークラスでしつけの土台作りができましたね
これからもワンちゃんの考える力を引き出し、楽しいしつけの方法で気長にルールを教えてあげましょう。
いっぱい遊んで、仲良く暮らして下さいね。nico

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2018.02.17更新

パピークラスでは、マットの練習を頻繁に取り入れています。ワンちゃんにやってほしい行動(マットに乗ること)を褒めると、ワンちゃんは自ら喜んでその行動をするようになります。

参加6回目のハルノくん(ポメラニアン)はマットに乗って飼い主さんに集中していますね。2回目の輪太郎くん(ミニチュアダックス)といちごちゃん(フレンチブルドッグ)も自分からマットに乗った時に褒めてフードをあげていると、マットにいる時間が長くなってきました。180217-1

今日は大好きになっているマットにオモチャを持って帰ってくる練習もしました。持って帰ってきたら、フードと交換して、「ちょうだい」の練習につなげます。いろんな場面でマットは活用できますよ。180217-2

ワンちゃん同士の触れ合いタイムでは元気よく追いかけっこしたり、かくれんぼしたり、じっとしていたり、いろんな動きが見られます。180217-3 左:輪太郎くん 右:ハルノくん

180217-4 左:輪太郎くん 右:いちごちゃん

しっぽや耳の位置、重心のかけ方などから、ご自分のワンちゃんが今どんな気持ちなのか理解できるようになると、挨拶のさせ方もわかってきます。

勢いがありすぎる子は相手を驚かせないように落ち着いて近付く方法を、少し恐がりな子はがんばって出てこられるようにパピークラスで良い経験を積んでもらいたいです。
飼い主さんがご自分のワンちゃんの様子をしっかり観察し、ワンちゃんの頑張りを褒めて伸ばしてあげられるようにポイントをお伝えしていきます。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2018.02.15更新

今月のミキコドッグスクールの山本美貴子先生による犬との暮らし方教室には、3頭のワンちゃんが参加してくださいました。

180210-1-1えれんくん(柴犬)

 180210-1-2sortoちゃん(ミニチュアシュナウザー)

 180210-1-3アルくん(ジャックラッセルテリア)

3頭とも、お散歩デビューしたばかりの好奇心旺盛なワンちゃんです。
今日は、散歩中の拾い食いを防止するレッスンをしていただきました。

180210-1-4落ちているものに向かって行くえれんくん ですが、くわえられないように飼い主さんにはリードで距離を保ってもらいます。

180210-1-5しばらくして諦めてきた頃に、飼い主さんにえれんくん を呼んでもらうと、えれんくんはオスワリしてアイコンタクト☆  叱ることなく「落ちているモノを勝手にくわえてはいけない」ということを教えることができました♪  ワンちゃんの安全のためにも、繰り返し教えてあげましょう。

次回の開催は3月24日(土)15:30~16:30です。
参加ご希望の方は診察時間内にお電話で予約を承っています☆
西向日動物病院 075-921-0602
  診察時間:午前9時~12時/午後5時~8時
土・日・祝日は午後休診/木曜日は休診

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2018.02.10更新

インフルエンザや風邪が大流行していますが、皆さんはお元気ですか?

冬はパピークラスにご予約いただいても、飼い主さんの体調不良で欠席されるケースが多くなる季節です。お身体を大切になさってくださいね。ワンちゃんの健康管理は当院でしっかり関わらせていただきます

さて今日は小さな子犬2頭でのクラスになりました。お互い顔なじみのミルクくん(マルチーズ・左)とハルノくん(ポメラニアン・右)です。それぞれオモチャで遊んだり、交換やちょうだいの練習をしました。180210-1 

180210-2

今日のマットを使ってのレッスンはレベルを上げて、マットを2枚使って移動の練習を行いました。
フードや手の合図は使わないで、ワンちゃんが自分で考えて行動できるようにし、飼い主さんには褒めるタイミングをマスターしていただきました。
ボディーランゲージを読んで、行動を起こす時のちょっとした仕草を見逃さないで褒めるという、言葉で説明するのは難しい“タイミング”と“褒め方”を飼い主さんに体験していただきました。ワンちゃんも見事に二枚のマットの上を移動できるようになりましたね。
「あ~、そういうルールなのね!」ワンちゃんがピンときた瞬間の表情はなんとも愛くるしいものです。そして毎回感じるのは、「犬はなんて頭の良い生き物なんだろう!!」ということです。180210-3 

ハルノくん ミルクくん にはおうちでお口を触る練習をしていただいているので、今日は歯磨きペーストを使って歯磨きの練習を行いました。
乳歯が抜けて、永久歯になる頃には歯磨きが出来るようにしておきましょう。180210-4

2頭の相性も良く、和やかなクラスとなりました。
幼馴染のワンちゃんがいるって素敵ですね180210-5

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2018.02.03更新

今日は節分ですね。みなさん、豆まきをされましたか?
ワンちゃんは鬼のお面にビックリしてしまうかもしれませんね!そんな時は、鬼さんからフードを貰うとワンちゃんも節分の行事を楽しめるかもしれません

今日の二階のクラスではフレンチブルドッグのいちごちゃんが初めての参加でした。
フレンチブルドッグは陽気で活発な犬種です。いちごちゃんはクレートから出るとすぐに部屋中を走り回り、色々な物のニオイを嗅いで探索を始めました。

スタッフの前で上手にオスワリを披露してくれました。180203-1-1カメラ目線バッチリです 

ハルノくん(ポメラニアン)もオスワリがとても得意です。マットの練習はクラスでよく行っているので、ハルノくん は飼い主さんが何も言わなくてもマットを敷くと自分からマットの上でオスワリしてくれました。アイコンタクトもバッチリで、しっかり集中できています。180203-1-2

ミルクくん(マルチーズ)は飼い主さんにお腹を優しく撫でてもらい、とても気持ちよさそうです。身体を触る事はワンちゃんと飼い主さんの絆を深める為に大切です。180203-1-3
ワンちゃんが落ち着いている時に優しくゆっくり触ってあげましょう。この時に飼い主さんも穏やかな気持ちで触れ合ってあげてください。

触れ合いタイムでは、緊張してイスの下に隠れていたミルクくん ですが、フードをあげると少しずつ前に出てくることができました。180203-1-4

緊張している時はフードを一粒食べるだけでも緊張が少し和らぎます。飼い主さんは焦って引っ張り出さずに見守ってあげましょう。ハルノくん もじっと待ってくれていますね!
幼い時期に教えた方が良い事は色々ありますが、慌てて詰め込み過ぎないようにして下さい。集中が切れる前に休憩を挟んだり、違う事をしてみたりとワンちゃんの気持ちを考えて焦らず、楽しみながら少しずつ練習してくださいね(^-^)♪180203-1-5

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2018.02.03更新

えれんくん は3カ月半齢の元気な柴犬です。180203-1 

何度がクラスに参加してくださり、オスワリはとても上手になりました。180203-2

まだまだやんちゃで、ご家族としてはじゃれ咬みがお悩みです。人懐っこいワンちゃんの方がご家族と仲良くなりやすいのですが、柔らかくて動きのある飼い主さんの手や足は、子犬の咬みたい気持ちを盛り上げてしまいます。
こんな子にはオモチャが必要!
えれんくん にダンベルをあげると、熱中して遊び始めました。180203-3

飼い主さんが構ってあげられない時間には、独りでオモチャを咬んだり舐めたり・・・その後はオモチャで一緒に遊ぶレッスンもしました。

えれんくん は、移動用の布のキャリーとハードタイプのクレートを持っておられます。クレートは扉を外して寝床として使われているとのこと。目的に合わせ使い分けできるので便利ですね。今日は病院のクレートを使って、出入りの指示や、クレートの中で待つことの練習をしました。180203-4

 180203-5 

マテを“フードのお預け”として練習される場合が多いのですが、食べ物だけでなく、自由に動くこと、好きな場所に行くこともご褒美になります。
好奇心旺盛な子犬さんは“やりたい”“行きたい”という気持ちが前に出てしまいがちですが、なんでも好きにさせるのではなく「待つこと」も教えていってあげましょう

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ