2017.06.24更新

今日はティミくん(ジャックラッセルテリア)が初めて参加して下さいました。170624-1 

ジャックラッセルテリアは身体は小さいですが、大型犬ほどの運動量が必要なとても活発な犬種です。初めて入ったパピールームでも、すぐに走り回っていました!物慣らしをするために置いてある物の上に平気で乗ったり、ニオイを確認していましたね。まだお散歩に行けないこの時期は、短時間で良いので毎日室内で社会化を兼ねて探索意欲を満たしてあげましょう。おうちで社会化をする時のポイントは、事故やケガが起こらないように、飼い主さんがワンちゃんの様子をしっかり観察できる時に体験させてあげることです。また排泄の失敗をさせないために、ワンちゃんが排泄をした後にサークルから出すようにしましょう。
ティミくん がすぐにお部屋に慣れたので参加2回目の姫ちゃん(ポメラニアン)にも入ってもらいました。170624-2
自信あり気に向かってくるティミくん 姫ちゃん は少し戸惑っていましたが、前回は全く自分からワンちゃんに近づけなかったことを思うと、姫ちゃん はとてもがんばってご挨拶しています。また次回犬同士の関わり方がどう変化していくか楽しみですね。

活動性の高いティミくん は抱っこしても、跳び下りようとしてしまいます。じっとするのを嫌がるからといって練習しなければ、いつまでもできませんし、だからといって無理矢理押さえつけて抱っこしていても余計に暴れてしまします。ティミくん の場合は数秒の抱っこから慣らしていくことをアドバイスしました。抱っこされても、また離してもらえると思えるようになるとだんだんと長い時間でも落ち着いていられるようになります。170624-4 

姫ちゃん は抱っこや触ってもらうことが大好きです。いつも撫でる背中だけでなく、爪や肉球など細かいところまでゆっくり丁寧に触ったり、握ったりもしてみましょう。敏感な足先も、幼いうちから慣らしておくと、お散歩後の足ふきや爪切りを受け入れてくれる子になりますよ160624-3

パピークラスでは得意なことはさらに伸ばし、苦手なことは克服できるようにワンちゃんにあわせてアドバイスさせて頂きます(^_^)

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.06.16更新

inutonokurashi1707

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.06.10更新

姫ちゃん(ポメラニアン)は、今日初めての参加です。
先日ワクチン接種で来院された時に緊張感が強かったので、なるべく早くパピークラスに参加されることをお勧めしました。
入室時はかなり緊張していて、まるで氷の上を歩いているみたいに身体に力が入っていました。探索をする時も後ろ足を左右に広げて踏ん張り、いつでも後戻りできるように重心を後ろに残しています。170610-1 

クレートには上半身だけは入ることができました。170610-2 

始めはぎこちなかった姫ちゃん ですが、しばらくするとマットの上でリラックスポーズをとることが出来ました。170610-3 

寛ろぎながら室内を観察しています。新しい場所に出ることに、まだ経験不足なんですね。

お相手のワンちゃんは、参加3回目のななちゃん(トイプードル)です。
ワンちゃん同士の相性を考えて、この2頭でクラスを計画しました。170610-4ななちゃん は 得意になったマットの上のオスワリを披露してくれました。姫ちゃん のことが気になりますが、飼い主さんの指示も聞けるようになってきましたね!

170610-5ななちゃん は穏やかに挨拶しようとしていましたが、初めての姫ちゃん にとっては、それでも刺激的すぎたようです。こんな時はサークルに入れてあげる方が安心して挨拶が出来ます。

次回は走り廻る姿が見れるかも知れません。ご自宅でも、クラスでの実技をヒントに社会化をしてあげて下さいね。
ワンちゃんは 身体だけでなく精神面も日々成長して行きます。健やかに育って欲しいですね

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.06.10更新

今日はもうすぐお散歩デビューするワンちゃん達の修了回です。

170610-1-1ルイくん(トイプードル)

170610-1-2オリーブちゃん(トイープードル)

170610-1-3桜くん(トイプードル×ポメラニアン)

パピークラスではスタッフが各々のワンちゃんの性格を把握したうえで組み合わせを考えてフリーにする時間をとっています。ワンちゃん達は犬同士でご挨拶をしたり、遊んだりする経験を積むことができます。

170610-1-4左 ルイくん  右 オリーブちゃん
今後はお散歩で会うワンちゃんとうまく付き合っていかなければなりません。フレンドリーな子犬の場合、激しい挨拶は相手の犬を怖がらせてしまったり、怒らせてしまうこともあります。また、少しシャイなワンちゃんの場合はズンズン向かってくるワンちゃんを怖く思うことがあります。

 170610-1-5左:少しシャイなルイくん には自分の近くを人とワンちゃんが通った時に、飼い主さんからご褒美をあげてもらい少しずつ慣らしていきます。右:フレンドリーな桜くん は他のワンちゃんのところに飛び出していかないように、飼い主さんに集中して歩く練習です。

近くにワンちゃんがいても平常心で居られるようになるとストレスなく暮らしやすくなります。ワンちゃんに慣らそうと思ってドッグランに行くより、普段のお散歩で犬に出会った時に飼い主さんが適切な対応をしてあげることが大切です。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.06.06更新

ルイくん(トイプードル)は、今日初めてのレッスンです。
ちょっと繊細なワンちゃんなので、グループレッスンに入る前にプライベートレッスンにお誘いしました。
ワンちゃんはそれぞれに個性があり、性格も千差万別。そしておうちに迎えられた時の月齢や来院までの日数によっても社会化の方法を調整していきます。

来院時には下がっていたシッポも後半には上がり、待合室の探索も出来るようになりました。190606-1
苦手になっていたオスワリも出来るようになりましたね。170606-2

オモチャが好きなことも緊張を解く鍵になりました。
慎重派に見えて、実はルイくん は結構活発です。170606-3 

遊びの中にルールを取り入れることで、マナーを教えることができますし、飼い主さんの手を甘噛みすることも減ってきます。そして何より遊んでくれる飼い主さんのことが大好きになります。170606-4 170606-5 

飼い主さんもワンちゃんもお互いに楽しむことができるようなしつけのアドバイスをしています
新しいことを教える時は、出来るように導いてあげて、ちゃんと褒めてあげるとルイくん は自信を持つことが出来ますよ。
次は土曜日のグループレッスン!楽しみにしています(^_^)

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.06.03更新

今日はオリーブちゃん(トイプードル)と桜くん(トイプードル×ポメラニアン)が参加してくださいました。

オリーブちゃん はおうちにいる先輩ワンちゃんや先週までにスタッフ犬とは出会っていますが、子犬と出会うのは初めてです。大人のワンちゃんと違って子犬の動きは独特です。追いかけっこをしていたかと思うと、オモチャに夢中になったりと気がコロコロ変わるのも子犬らしいです(^_^)パピークラスで子犬同士の触れ合い体験をさせてあげましょう。170603-1 左 オリーブちゃん  右 桜くん 

170603-2近くにワンちゃんがいる状況でのオイデもしました。
まずは桜くん。左に置いてあるクレートの中ではオリーブちゃん がフードを入れたオモチャで遊んでいます。それが気になりますが、桜くん が声に集中しやすいタイミングを考えて「オイデ」と声をかけることが成功のポイントになります。
クレートに入っているオリーブちゃん は周りで声がしたり、走って行く桜くん が見えますが大人しくしている練習です。どちらの体験も交互にしてもらいました。

別々に練習する課題もあります。170603-3オリーブちゃん は段をあがる練習をしました。少し苦手そうでしたが、自ら上がれるように励ましながらコッチコッチと誘導すると頑張って登ることができました!

170603-4桜くん はオスワリが上手にできるようになったのでマテの練習です。マテの間に跳びあがってこないようにご褒美をあげる角度がポイントになります。
周りのいろんなことが気になってじっとしていることが苦手な子犬も、練習すると素晴らしい集中力を見せてくれるようになります!
他のワンちゃんがいるからできる練習と個別アドバイスが必要な課題と、どちらもポイントをつかんでもらえるようにお伝えしていきます。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ