2017.02.27更新

犬との暮らし方教室1703

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.02.25更新

おうちに来て間もなくパピークラスに参加し始めたワンちゃん達も複数回参加しているうちに、月齢も進み、そろそろお散歩に出る頃になります。今日の後半クラスはそんな時期のおはなちゃん(フレンチブルドッグ)とクッキーちゃん(トイプードル)です。もう外を歩いているのでクラスは待合室で行います。

リードの持ち方や歩く時に気をつけること、外でのご褒美の使い方など、お散歩に向けてのお話しや、今までにやってきた事が身についているか確認をします。170225-1-1 

 遊びたい相手がいるけどオスワリ、マテの練習をして飼い主さんにしっかり集中(^_^)v

170225-1-2ご褒美を見えるところに置きながら目ヤニをとっているクッキーちゃん
ワンちゃんも飼い主さんもお互いがやりやすい方法が見つかるとお手入れもスムーズにできますね。ブラッシングや爪切り、歯磨きなどは無理すると、すぐに嫌がるようになってしまうので丁寧に練習を続けていきましょう。

170225-1-3マットを敷くとすぐに乗るようになっているおはなちゃん。充分練習してきたのでマットの上でオスワリはすぐにします。クラス後半では、フセて休憩ポーズがとれるようになってきました。安心する場所としてマットを活用できるようになってきましたね。
ドッグカフェや旅行にもこのマットを持って行くとワンちゃん自身が落ち着ける場所になります。

少し怖がりのワンちゃんにも、元気がよく活動性の高いワンちゃんにも、これからのお散歩はとても大切です。運度のためだけでなく、様々な刺激を受け経験をつむことで、社会性のあるワンちゃんへ育っていきます。気候も良くなるのでお散歩を楽しみながらワンちゃんの世界を広げてあげましょう。

 

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.02.25更新

今日もトイプードルが4頭集まりました。
まずは家族以外の人に慣れる練習からです。最初に飼い主さん同士が入れ替わっていただきました。同じ犬種でも他人に対する反応は微妙に違いますが、どのワンちゃんも人には慣れてくれているようでした。飼い主さんも、大好きなプードの子犬達を前に、にこやかに接しておられました。

その後犬同士交わる時間では、犬を見ると少し緊張してしまう子や、プロレスごっこを始める子もいてかなり動きは異なりました。子犬の時期に犬と接する良い機会があれば、相手の動きを見ながら上手遊べる可能性が高まります。まだまだ犬同士のコミニケーションスキルは未熟ですので、相性や時間配分を考え会わせてゆきます。
相手を怖がらせないように、そっと挨拶170225-1 左 モカくん 右 ピースくん
 相性が合って、互いに遊びを誘い合ったら、GO!170225-2手前 マロンくん  奥 モカくん
途中「オイデ」の呼び戻しの練習もしながら最後は飼い主さんとのリラックスタイムです。170225-3お父さんの膝の上でゴロンとリラックスしている ごまくん
今週もこの形での練習は、押さえつけて服従を強制するのではなく、仰向けで飼い主さんの足の間で自然と脱力し、リラックスモードになることを目指します。手を離しても、そのままダラ~ンと寛いでいる子もいました。飼い主さんに触れることがリラックスに繋がる子は、安心して暮らしていくことができるでしょう。

トレーニングも頑張ってくれました。モカくんはサークルから出る時にはオスワリするというルールを教えてもらっています。今日はクラス中の気が散る環境でも、子供さんが根気よく接して下さり、見事にオスワリしてからサークルから出られました。170225-4
小学生の子供さんでも充分ワンちゃんにルールを教えることができるのが、褒めてしつける方法の良いところです(子供さんの方が、大人より上手なぐらい・・)。今週は3カ月令~4カ月令の子犬でしたが、それぞれの飼い主さんに集中することで4頭全員揃ってオスワリできました!170225-5

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.02.18更新

寒い時期ですが、暖かい待合室でのグループレッスン『犬との暮らし方教室』を開催しました。ミキコドッグスクール http://mikikodogschool.com/ 山本美貴子先生のこの教室は、今月も学びあり、笑いありの楽しいひと時になりました。
参加者は フレンチブルドッグのおはなちゃん170218-1-1

ビションフリーゼのハナちゃん170218-1-2 

そしてぺあら(スタッフ犬 ビションフリーゼ)です。170218-1-3
教室では他のワンちゃんのことが気になりながらも 飼い主さんにどのようにして集中させるか、拾い食い防止のマナーとして飼い主さんに許可を求める行動をいかに引き出すか、そして、最後にはワンちゃん同士をいかに会わせるかという方法を教えていただきました。170218-1-4
この教室は主にパピークラス修了生をお誘いしているので、「教室で何を教えて貰えるのですか?パピークラスで教わったから大丈夫じゃないですか?」などのご質問を戴くことがあります。西向日動物病院のパピークラスは独自の内容で、子犬の時期から様々なしつけやトレーニングの基礎を学んでいただけるようにしているので、さらなる教室に必要性をお感じにならないことは、ある意味うまくいっておられる証しでもあります。
しかし、子犬は成長していきますし、コミニケーションは深めることができるのです。

また「前回興奮してかなり吠えたので、迷惑をかけるかも知れないのでグループレッスンの参加を迷っています。」と仰っていたワンちゃんもお誘いし、今日参加されました。
飼い主さんのご心配をよそに、全く吠えずに約1時間、しっかり課題をこなすことができました。さすがミキコ先生!
ミキコ先生は飼い主さんの対応が良かったと褒めておられました。飼い主さんの対応で、ワンちゃんは変わっていきます。ワンちゃんは日々学習しているのです。

良い学びの場を提供しておりますので、来月もみなさんの参加をお待ちしております。
3月は11日と25日の2回シリーズです。
お申し込みは診察時間内に 075-921-0602 までお電話ください。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.02.18更新

トイプードルは人気の犬種で、西向日動物病院に来られる子犬の初診は、ほとんどプードルさんです。今日のクラスもみんなプードルなので見間違わないようにと思っていますが・・・ 毛の色は微妙に異なり、お顔もそして内面の性質も随分違います。 
初回参加のモカくん は 元気いっぱい! トンネルに入るのも楽勝!170218-1

ところが抱っこが苦手なことが発覚!170218-2
何でもできる子はいませんが、バランスよく育って欲しいなぁというのがパピークラスでの目標です。まずは 身体を触る練習から。はじめは床で触ります。170218-3
このスタイルは ホールドスチールという昔風の押さえつけて触る形と同じですが、中身は全く異なります。形ではなくワンちゃんの心理、気持ちに配慮しなければ、ワンちゃん自身もワンちゃんとの暮らしぶりも良くなってはいきません。マロンくん も触れるようになりましたね。

身体をさわることができるようになればブラッシングもスムーズにできるようになってきます。ごまくんもご家族で協力しながらフラッシングできていますね。170218-4 

活発な子も穏やかな子も触られるのが好きな子も苦手な子も、飼い主さんの仔犬の時期の関わり方で性格はずいぶん変わって行きます。ご家族みんなで仔犬育てを楽しくできるようにパピークラスでアドバスさせて頂きます。
最後はどの子もみんな集中してオスワリできました(^_^)v170218-5左 マロンくん  中 ごまくん  右 モカくん

 

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.02.04更新

今日の待合室でのクラスは、フレンチブルドッグとミニチュアシュナウザーという活動性の高い犬種が参加してくださいました。特にフレンチは勢いのある犬種で、おはなちゃんは知らない人に嬉しくて飛びついてしまいます。シュナウザーの飼い主さんが「他人のモデル」になって下さり、飛びつき防止の練習をしました。170204-1-1

こういうことが出来るのも グループレッスンの良いところですね。前半は おはなちゃんの動きに押され気味だったシュナウザーのクロエちゃん も、後半ではおはなちゃんにも慣れたようでした。170204-1-2
これもグループレッスンの良いところです。全てのワンちゃん同士、密に仲良くならなければならないというキマリはありませんが、他の犬がどんな動きをしようとも、過剰に反応しない大らかな心が育ってほしいと思います。それには、ちょっと頑張れるような、「ほど良い体験」が一番です。二頭とも今日は「ほど良く」疲れて、お家に帰られたら「大人しいイイコ」でいることと思います。170204-1-3

頭を使ったり、ドキドキして気持ちの上で頑張るとワンちゃんも疲れるんです。今日も一日お疲れさまでした笑う  良い体験が出来るよう心を育ててあげましょう。

 

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2017.02.04更新

今日から参加のピースくん(トイプードル)は、初めてのお部屋でスタスタ。「何かいい物がないかなぁ」という感じで動いています。170204-1
なんとも愛くるしい姿ですが、ワンちゃんに何も教えてあげなければ、何も知らないままマイペースに動き回る犬になります。

「飼い主さんの手に付いて行くといいことがある」などの基本的なルールを教えてあげると、仲良く暮らす家族になります。170204-2
そしてオモチャや食べ物をご褒美にして、言葉の通じないワンちゃんと仲良くなりながらルールを教えて行きます。面倒なようでも、ワンちゃんと暮らすには、この関わりこそが楽しみの一つです。170204-3
ちょっと怖い時に頑張れたり(初めて会う人のニオイをかいでいるピースくん 

170204-4飼い主さんに集中したり(オモチャをもらう前にオスワリしているクッキーちゃん

そして何より 飼い主さんと遊びながらルールを教えて貰える時間、そして遊んでくれる飼い主さんのことをワンちゃんは大好きです。何度も参加されているトイプードルのクッキーちゃん は、ご主人と息の合った動きを見せてくれました。170204-5
お互い 楽しんじゃいましょう! \(^o^)/ 

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ