2015.07.25更新

今日初めて参加のニコくん(ヨークシャテリア)

興奮スイッチ1 

やんちゃざかりで「子供はじゃれ咬みされてしてまって、なかなか遊べません。」とのことでした。

じゃれ咬みしてしまう子犬には“オスワリ”でクールダウンすることを教えましょう。

 興奮スイッチ2 

オスワリの教え方は小学生のお子さんでも簡単に教えられます。

素直なニコくんもすぐにオスワリができました。

興奮しすぎる前に「オスワリ」と言えば、咬まれることはありませんね♪

 

身体を触ることに慣らすことはとても大切なので毎回クラスで時間をとっています。

ご家族で練習中のぷぅくん(トイプードル)

興奮スイッチ3 

フードを食べさせながら練習しますが、この時に手を咬まれないように

フードの硬さや手の向きを工夫して下さいね☆

 

フリータイムでは以前も同じクラスになったぷぅくん(奥)とレオンくん(トイプードル・手前)が楽しく遊べました♪

興奮スイッチ4  

 

さっきまで走り回っていた2頭ですが今度は飼い主さんにしっかり集中して、

こんなに近くで並んでオスワリ出来ました!

 興奮スイッチ5

 ワンちゃんの興奮スイッチがコントロールできるようになると一緒に生活しやすくなりますよ。nico

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2015.07.25更新

今日初めて参加のニコくん(ヨークシャテリア)

興奮スイッチ1 

やんちゃざかりで「子供はじゃれ咬みされてしてまって、なかなか遊べません。」とのことでした。

じゃれ咬みしてしまう子犬には“オスワリ”でクールダウンすることを教えましょう。

 興奮スイッチ2 

オスワリの教え方は小学生のお子さんでも簡単に教えられます。

素直なニコくんもすぐにオスワリができました。

興奮しすぎる前に「オスワリ」と言えば、咬まれることはありませんね♪

 

身体を触ることに慣らすことはとても大切なので毎回クラスで時間をとっています。

ご家族で練習中のぷぅくん(トイプードル)

興奮スイッチ3 

フードを食べさせながら練習しますが、この時に手を咬まれないように

フードの硬さや手の向きを工夫して下さいね☆

 

フリータイムでは以前も同じクラスになったぷぅくん(奥)とレオンくん(トイプードル・手前)が楽しく遊べました♪

興奮スイッチ4  

 

さっきまで走り回っていた2頭ですが今度は飼い主さんにしっかり集中して、

こんなに近くで並んでオスワリ出来ました!

 興奮スイッチ5

 ワンちゃんの興奮スイッチがコントロールできるようになると一緒に生活しやすくなりますよ。nico

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2015.07.22更新

西向日動物病院では、ワンちゃんの心身の健康だけでなく、飼い主さんとのより良い関係作りを目指して、
プロのドッグトレーナーによるしつけ教室(グループレッスン)を開催することになりましたのでお知らせします。

日時:平成27年8月8日(土) 15:00~16:00
参加費:2700円(税込)
インストラクター:D.I.N.G.O公認 山本 美貴子先生
 (京都市内でアジリティー・ドッグダンス・タレント犬・クリッカートレーニングのクラスを開催されています。)
定員:5頭
年齢:3歳まで
申し込み方法:お電話、又は当院受付でご予約ください。

尚、参加は、当院パピークラス修了生に限定 していますので、悪しからず、ご了承ください。

また、参加には混合ワクチンの接種とノミ・マダニ予防が必要です。
ワクチンは1年以内に、ノミ・マダニの予防については、参加1か月前~前日までに駆除剤の投薬を済ませてください。

講師の山本美貴子先生(ミキコドッグスクール)のホームページもご覧ください。
http://mikikodogschool.com/

 

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2015.07.18更新

パピークラスではワンちゃんを家族以外の人・物・環境に慣らす方法、

触られることに慣らす方法、生活のルールの教え方、そして、

ワンちゃんと信頼関係を築く方法をお伝えしています。

散歩にまだ出ていない子犬にとって貴重な体験となるのが

ワンちゃん同士で遊ぶ時間です。

そこから子犬が学習できることは数多くあります。

全てのワンちゃんが初めから他の犬と楽しく遊べるわけではありません。

また、じゃれ合って遊ぶことばかりがコミュニケーションではありません。

他のワンちゃんを怖がったり、逆に嬉しすぎて相手を怖がらせることが

ないようにボディーランゲージで表現する力を身に付けることと、

遊んでいても飼い主さんに集中できるようになりましょうnote

  ワンちゃんのコミュニケーション力1

 「自分と遊んでくれるかな?」と期待しながら、

オモチャで遊んでいるレオンくん(トイプードル・左)と

それを見ているぷぅくん(トイプードル・右)

 

 ワンちゃんのコミュニケーション力2
興味津々だけど飛び出さずにオスワリしているぷぅくん(手前)と、

飼い主さんのところに戻ってきたクレアちゃん(トイプードル・奥)

 

 ワンちゃんのコミュニケーション力3
えいこちゃん(ビションフリーゼ)がオモチャで遊んでいる横で

オスワリして待っているクレアちゃん 

 

ワンちゃんのコミュニケーション力4
 えいこちゃんがサークルの中から誘っていても、じっとオスワリしているのはレオンくん

家族以外の人の指示でもちゃんと集中できました!!o(^▽^)o

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2015.07.18更新

パピークラスではワンちゃんを家族以外の人・物・環境に慣らす方法、

触られることに慣らす方法、生活のルールの教え方、そして、

ワンちゃんと信頼関係を築く方法をお伝えしています。

散歩にまだ出ていない子犬にとって貴重な体験となるのが

ワンちゃん同士で遊ぶ時間です。

そこから子犬が学習できることは数多くあります。

全てのワンちゃんが初めから他の犬と楽しく遊べるわけではありません。

また、じゃれ合って遊ぶことばかりがコミュニケーションではありません。

他のワンちゃんを怖がったり、逆に嬉しすぎて相手を怖がらせることが

ないようにボディーランゲージで表現する力を身に付けることと、

遊んでいても飼い主さんに集中できるようになりましょうnote

  ワンちゃんのコミュニケーション力1

 「自分と遊んでくれるかな?」と期待しながら、

オモチャで遊んでいるレオンくん(トイプードル・左)と

それを見ているぷぅくん(トイプードル・右)

 

 ワンちゃんのコミュニケーション力2
興味津々だけど飛び出さずにオスワリしているぷぅくん(手前)と、

飼い主さんのところに戻ってきたクレアちゃん(トイプードル・奥)

 

 ワンちゃんのコミュニケーション力3
えいこちゃん(ビションフリーゼ)がオモチャで遊んでいる横で

オスワリして待っているクレアちゃん 

 

ワンちゃんのコミュニケーション力4
 えいこちゃんがサークルの中から誘っていても、じっとオスワリしているのはレオンくん

家族以外の人の指示でもちゃんと集中できました!!o(^▽^)o

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2015.07.11更新

犬を飼われると「まずはオスワリを教えなきゃ!」
「フセが出来たら凄いぞっ!」と意気込まれ、
しつけ教室と言うとオスワリやフセを教えることを期待される飼い主さんもおられますが、
パピークラスではトレーニングよりも先に飼い主さんとワンちゃんにやってもらいたい3つの課題があります。
今日は3頭のプードルとビションの合計4頭がその課題に取り組んでくれました。

①社会化
クラスでは飼い主さん以外の参加者の方と接する時間を作っています。
ゆっくり男性に近付き、見上げるレオンくん

パピークラスでマスターしてもらいたいこと

 

②身体を触られることに慣らす
手入れ(ブラシなど)を嫌がらない方法をお伝えします。
飼い主さんにブラッシングしてもらって、ふわふわになったぷぅくん

パピークラスでマスターしてもらいたいこと

 

 

③ルールを教える
クレートやサークルにワンちゃんが自分から入る(無理に押し込まない)など、人とワンちゃんが安心して
楽しく生活するためのルールとその教え方を提案します。
手の合図でサークルの入る ぷぅくん

パピークラスでマスターしてもらいたいこと

 

 

オモチャの誘導で入るクレアちゃん

パピークラスでマスターしてもらいたいこと

 

オスワリやフセをルールとして教えることは大切なので、
パピークラスのテキストにも教え方を書いています。
えいこちゃん (ビション)のオスワリ

パピークラスでマスターしてもらいたいこと

みんな、得意なことと苦手なことがあり、それぞれの宿題が出ました。
1週間後が楽しみですnico

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2015.07.04更新

小さなワンちゃんのパピークラス
今日は初参加を含むプードル3頭と、チワワ、ビションの合計5頭の子犬がクラスに参加してくださいました。
プードルは4月2日生まれのぷぅくん(♂)、4月8日生まれのクレアちゃん(♀)、4月9日生まれレオンくん(♂)です。
同じ犬種で同じ月齢でも、性格はそれぞれ違います。

小さなワンちゃんのパピークラス

ぷぅくん

初めての参加で、最も小さいクレアちゃん が一番元気でしたnico

 

小さなワンちゃんのパピークラス

 

 

 

フリータイム(犬同士のふれあいタイム)では、もーちゃん (チワワ)がレオンくんに大接近
レオンくん は、初めて会うワンちゃんに少し緊張。

小さなワンちゃんのパピークラス

 

もーちゃん は前回まで控えめでしたが、少しずつ自信がついてきたようですねnico

食欲がある子犬は、ビックリすることがあってもフードを食べると気持ちを立て直すことができます heart

小さなワンちゃんのパピークラス

 

ビションのえいこちゃんは、ふわふわの被毛で身体が大きく見え、元気よく動くので、他のワンちゃんが驚かないようにサークルに入ってもらいました。

小さなワンちゃんのパピークラス

えいこちゃん はフード入りオモチャがあれば、みんなが周りで楽しそうに走っていてもサークルの中でご機嫌です。

明るく無邪気な子犬でも、緊張したり怖がってしまう場面に出会うことがあります。
ワンちゃんがそんな状況を乗り越える精神力を養うために、パピークラスで様々な経験を積んで欲しいと思いますni

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ