2014.07.26更新

今日は3頭の小型犬と、待合室でパピークラス修了回をしました。
飼い主さんの足元にマットを敷いておいて、
今まで覚えた「コッチコッチ」や「オスワリ」「落ち着いて居ること」
そして「オモチャの使い方」を実生活に応用する練習です。

マットの上に乗ることから始め、最後はオモチャで独り遊びを
しながらゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。

                                                     ラグくん(チワワ)


                                              BOSSくん
(トイプードル)


                                               メイちゃん(マルチーズ)


ラグくんはオモチャがマットから外に転がっていくと、自分で
くわえてマットの上に戻ってきて、再び遊んでいましたwink


3頭とも活発なワンちゃんですが、こちらの予想以上に
マットで静かにしていることが出来ました!
毎日のちょっとした積み重ねで、飼い主さんの足元で一緒に
落ち着くことが習慣になると良いですねnotes

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.26更新

今日の参加者は前回と同じメンバーで、全員二回目のクラスと
なりました。
ワンちゃん同士も顔見知りなので遊びたくてうずうずして
いましたが、一度に全員を遊ばせることはしていません。
それぞれのワンちゃんの性格と、その時の様子を見ながら
スタッフが遊ぶ組み合わせを考えています。

とみちゃん(チワワ)は相手によって上手に挨拶の仕方を
変えていましたshine
まるちゃん(キャバリア)に対しては、お互いにテンションが同じ
くらいだったので、遊びを誘うポーズをして走り回っていましたsign01


だいずくん(トイプードル)は体が大きくて動きも激しかったので、
とみちゃん は「ゆっくり接してね」とゴロンとお腹を見せる
ボディーランゲージで表現。
そうすると、だいずくんは落ち着いてニオイを嗅いでくれましたhappy01


ワンちゃんは自分の気持ちを伝えるボディーランゲージを
たくさん出しています。
飼い主さんに対しても表現しているので、しっかり読みとれる
ようになると信頼関係がどんどん深まりますよbleah
どんなものがあるかはパピークラスの最中にお伝えして
いきますので、覚えてあげましょうflair

ワンちゃん同士の遊びの時間には、飼い主さん以外の人と
触れ合うこともしています。

家族以外の人に「オイデ」と呼ばれて、ゴホウビをもらう
あずきちゃん(トイプードル)


飼い主さんから離れ、他人の足元でもオモチャで遊ぶ
まるちゃん(キャバリア)


犬同士の遊びだけに夢中になってしまうと興奮しすぎたり、
飼い主さんが呼んでも無視してしまうようになってしまうので、
休憩をはさみながら楽しく遊べるように工夫が必要ですsign03

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.22更新

シロちゃんは生後二カ月齢のラブラドール・レトリバー。体重は6kgです。
今日はお父さん・お母さん・息子さんの3人とプライベートレッスンに
参加してくださいました。

今は幼児より小さいですが、一年後には息子さんより大きくなって
いるでしょう!
動き回る子犬を力で抑え込もうとしても、すぐに力で負けるように
なってしまいます。
今日のクラスではシロちゃんが好むオモチャを見つけ、


「オスワリ」をしてからあげるようにしたり、
 



「オイデ」と呼んだら大好きな食べ物を上げることで呼びよせる
練習をしてもらいました。


こうして子どもさんとも関わってもらうことで、
一緒に仲良く成長して下さるといいなぁと思いますhappy01

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.12更新

『オモチャを投げたらワンちゃんが取りに行き、くわえて戻って来る』
これは子犬が喜んでする遊びの一つです。
遊びを通して基本ルールもしっかり教えてあげましょうflair


まずオモチャを投げる前にはオスワリさせましょう。
ラグくん(チワワ)は飛びつきたいのを我慢して
ちゃんと座ってくれました。


ラグくんが集中してから投げると、嬉しそうに走っていきました


くわえた後に「いい子~」と褒めながらしゃがむと戻ってきてくれました。
オモチャをすぐに取り戻そうとするのではなく、
その場で少し遊んであげると口からポトっと放す時があります。
その時に「ちょうだい」と言ってフードを一つあげましょう。

人と遊びたいと思っている子犬はオモチャをくわえて戻ってきてくれやすいです。
この時期に人の傍で遊ぶことが楽しいと思わせるようにしておきましょうmaple
「ちょうだい」の声かけは連呼するのではなくタイミング良く一回だけ言うことがポイントですbud

フリータイムではスタッフ犬ふわりとお互いに嗅いだり嗅がれたりすることができました。
ご挨拶も上手になったラグくんですhappy01scissors




投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.07.05更新

子犬は遊ぶことが大好きsign01
追いかけたり、捕まえたり、かじったり、パワフルに動きます。
そんな活発な子犬の欲求を満たすために、
オモチャを使いましょうshine
オモチャを投げてあげると子犬は独りで遊ぶかもしれませんが、
飼い主さんも一緒にワンちゃんと楽しい時間を過ごしては
いかがでしょうか?

ゴム製のダンベルを見せるだけではあまり興味を示さなかった
BOSSくん(トイプードル)。
遊びたい気持ちを引き出すように音を鳴らしてから投げると、
走って追いかけて行きました!




ラグくん(チワワ)の飼い主さんは、オモチャを捕まえたく
なるように上手に動かして楽しく遊んでいらっしゃいました。



遊びの最初や途中でオスワリが出来るように練習をして
遊びのルールを作ると、興奮しすぎることがありません。
トレーニングの時間にハンドサインでオスワリをする
チャコちゃん(トイプードル)。


飼い主さんが上手にオモチャを使うと、
オモチャの魅力がアップupしますgood
そして、ワンちゃんは楽しい遊びを始めてくれる
飼い主さんのことがもっと好きになりますnote

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ