2014.03.29更新

今日のクラスには2頭の柴犬が初めて参加してくれました。

パピールームに入ると少し緊張していたあずきちゃんですが、
足下にタオルを敷いてあげるとそこを気に入り、
ずっとオスワリしていました。
タオルの上にいると、帽子をかぶったスタッフからも
フードをもらうことができましたhappy01scissors



お手入れの練習では、小学生のお子さんが食べ物を使って
コロちゃんの気を引いてくれました。
背中をコームで3回触れても、気にせず食べ物の方を見ています。
少しずつ触る回数を増やしてブラッシングができるようにしていきましょうね。



今日のクラスで一緒だった柴犬のあずきちゃん(黒色)と
コロちゃん(茶色)のお誕生日は3日違い。
同じお店で購入されたのでワンちゃん同士は顔見知りかもしれませんflair


「久しぶり~!!」と言っているようでしたheart04

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.03.29更新

パピークラスでは、子犬に知育トイで遊ばせることをお勧めして
います。
(知育トイとは、フードを中に入れられるオモチャのことです。
ワンちゃんは中に入っているフードを取り出すためにオモチャを
転がしたり、つついたり、頭と体を使って遊ぶことができます。)


今日のクラスでは、ワンちゃん同士のフリータイムに知育トイを
使いました。
オモチャにフードを入れて置いておくと、
一番に近付いて行ったのはガウナちゃん(ミニチュアダックス)。


そして、それを追いかける美海ちゃん(ミニチュアシュナウザー)と
プーチちゃん(トイプードル)。
ガウナちゃん、前肢を上手に使ってオレンジ色のオモチャを
転がし、フードを出すことが出来ましたsign03


それを見た美海ちゃんプーチちゃん は他のオモチャに挑戦!




最初は見慣れないオモチャに少し警戒していたけれど、
ガウナちゃん がお手本を見せてくれたので、
2頭も夢中になって遊ぶことが出来ました。

新しいオモチャを飼ったのに、あまり遊んでくれない・・・
ということがあるかもしれません。
そんな時には飼い主さんが遊び方を見せてあげて、
ワンちゃんの遊びたい気持ちを引き出してあげましょうhappy01

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.03.22更新

ガウナちゃん(ミニチュアダックス)は今日が初めてパピークラス。
飼い主さんはガウナちゃんがヤンチャなので、
グループレッスンでみんなと一緒に参加できるかどうかを
心配されていました。

実際クラスに入ってみると・・・

飼い主さんの方を見てオスワリしていますsign03
これは、飼い主さんがガウナちゃんの良い行動を褒めているからです。

ワンちゃん同士のフリータイムでは、本来の元気良さを発揮ですsign01
プレイバウをしてプーチちゃん(トイプードル)を遊びに誘っていましたnote


同じく、パピークラスに初めて参加した美海ちゃん(みうちゃん・
ミニチュアシュナウザー)もプーチちゃんを遊びに誘っています。


でも、少しはしゃぎすぎたようでプーチちゃんはフセて
美海ちゃん を落ち着かせようとしていました。
とっても上手にボディランゲージを使えていますね。
最後はスタッフ犬のふわり(ビションフリーゼ)も混ざって、
3頭でニオイを嗅ぎ合って情報交換ですflag


歯磨きの練習では、歯ブラシとゴホウビを持っている飼い主さんを期待した目で見ていた美海ちゃん



歯磨きの練習が気に入ったようですannoy
おうちでも練習して、来週はステップアップしましょうsign03

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.03.15更新

今週も元気いっぱいパピールームを走り回るプーチちゃん
(トイプードル)ですが、初めて体験することは少し苦手だと
飼い主さんは感じているそうです。

そこで今日は新しい物に慣らす時のポイントをお伝えすることに
しましたhappy01
まずは掃除機。

本体とホースと吸引部をバラバラにして形から慣らしていきます。
首をのばしてニオイをかいで確認していますね。

次は鏡に近付いてみます。

鏡に映る自分の姿が動くと不思議そうに見ていました。
横から飼い主さんがフードをあげながら
「大丈夫!」と励ましてあげています。

椅子の下を飼い主さんの手の誘導でくぐる練習もしました。


今はクレート(移動用キャリー)に入ることが苦手なプーチちゃん
ですが、こうやってだんだん低いものをくぐる練習をしていくと、
クレートにも入れるようになるでしょうclub

前回はなかなか近づくことができなかったスタッフ犬のふわり
(ビションフリーゼ)に、今日はプーチちゃんの方から積極的に
遊びに誘う仕草を見せていました。

この1週間で、飼い主さんがおうちの中で新しい経験をさせたり、
抱っこ散歩をして毎日いろんな変化を体験させたことで、
プーチちゃんは自信をつけたようですねscissors


パピークラスでは、
子犬の劇的な成長を見ることができますsign03

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.03.10更新

プライベートレッスンは、ワンちゃんの月齢や状態、そして
飼い主さんのご希望に合わせて行います。
きちんとしつけをしたいと考えていらっしゃる
ベルくん(ミニチュアシュナウザー)の飼い主さんは、
oneキャリーに入るのを嫌がること
twoインターホンの音に吠えること
three犬を見ると興奮するので仲良くできるのか
がご心配とのことでした。

キャリーに関しては、最初に持って来られたキャリーは布製で、
ベルくんが中に入っているとグラグラ揺れて不安定でした。
また、サイズが少し小さめだったので、
プラスチック製のクレートをお勧めしました。

すぐにクレートに買い替えられ、中に入る練習をしてもらうと、
すんなり入れるようになりましたhappy02

今日のクラスでは、インターホンの音に吠えることへの対策として
「おうち」の号令でクレートに入ることを教えました。


子犬の時期にクレートに入ることを教えておくと、
生活のいろんな場面に応用することができます♪

以前は犬を見ると興奮していたベルくんですが、
犬に会う経験を重ねるにつれて一緒にのびのびと
動けるようになってきました。


また、今日は新しいルールとして『入ってはいけない』
教えました。
おうちでワンちゃんに入って欲しくない畳の部屋。
クラスでは畳の代わりにゴザを敷いて練習です。


入りたいけど、飼い主さんの号令を聞いて手前でオスワリ。


入らなかったらゴホウビが貰えました!!


パピークラスでは"褒めるしつけ"を基本にしていますが、
それはワンちゃんの行動をなんでも許すということでは
ありません。

上手に"褒めるしつけ"をするためには、ワンちゃんが
困ったことをする前に、"制止の号令"をかけてあげることも
必要です。
そうすれば、ワンちゃんを叱るのではなく、いけないことを
未然に防いで褒めてあげることができます。

ワンちゃんを褒める回数は、叱る回数の10倍!
と心がけてしつけをしましょうbleah

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.03.01更新

おうちでワンちゃんのヤンチャな姿を見ている飼い主さんは
「うちの子はどんな場所でも平気」と思われていることが
多いですが、ほとんどの場合、ワンちゃんの心理は
そんなに単純ではありません!

ベルくん(ミニチュアシュナウザー)は慣れた待合室では
走り回っていましたが、診察室にはまだ慣れていなくて、
入ることができませんでしたbearing

ここで活かせるのが「コッチコッチ」の号令です。
無理に診察室に入れるのではなく
「コッチコッチ」で誘導してあげましょう。


そして、オスワリの号令で座れたら褒めてゴホウビをあげますnote


新しい場面でどうすればいいかを
今まで教えてきた号令を使って示してあげると、
ワンちゃんは新しい場面にも慣れることができます。
また、褒めてもらう経験が増えると、ワンちゃんは飼い主さんの
言うことをイキイキと聞くようにもなってきますshine

今日のクラスのもう一つのテーマは
"犬とのコミュニケーション"です。
他の犬がいると興奮して吠えてしまうベルちゃんは、
相手の犬がどこにいるか・どんな動きをするかを
よく観察していました。
飼い主さんはそんなベルちゃんの興奮レベルの変化を
よく観察して下さったので、

犬同士のあいさつ、


遊び、


そして「オイデ」もスタッフ犬に混じって楽しくできましたhappy01scissors

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.03.01更新

今日でパピークラスを修了する
小太郎くん(トイプードル)とグリックくん(ミニチュアダックス)は
もうすぐお出かけができるようになります。
初めての外出先ではそわそわ落ち着かなくなることもあるので
「マット」という号令の練習をしてワンちゃんが居場所を
わかるようにしておきましょう。
練習では、用意したマットの上にワンちゃんが乗ったら
褒めてゴホウビをあげます。

グリックくんはマットの端っこを咬んで振り回して遊び始めて
しまったので、厚手のバスタオルを折りたたんだものを
敷いています。
飼い主さんのことが大好きなので褒めるとマットの上で
アイコンタクトをずっとしています!


小太郎くんは以前のクラスで「マット」の号令を習って
おうちで練習されていたので、水色のマットを床に置いたとたん
すぐに乗り、オスワリしてくれました。
そして、そこから動きません。
じっとしている時間は最長記録でした!!

飼い主さんはこのマットをクレート(移動用キャリー)の中でも
使っていらっしゃるので、クレートの中にもスムーズに入ることが
できているそうです!
これからはご家族と出かけた先で飼い主さんの足元に
このマットを敷けば、そこがいつもの落ち着ける場所になりますね。
小太郎くんも安心できるでしょうsmile


マットの素材と大きさはワンちゃんに適したものを探してあげましょう。
小太郎くんのマットは柔らかくてモコモコしたもので、
私たちスタッフは「子犬は噛んで遊んでしまいそうだな」と思い
使ったことがない素材でした。
ワンちゃんの好みはそれぞれなので、色々と試すと
その子に合ったものが見つかりますclub

今日のフリータイムはスタッフ犬のふわり(ビションフリーゼ)も登場です。
それぞれがマイペースに相手を確認して穏やかな遊びの時間になりました。


これからはお散歩で楽しい経験がいっぱいできるといいですねbleah

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ