2014.01.25更新

今日はミロちゃん(ミニチュアシュナウザー)の
パピークラス最終回です。
待合室に場所を変えても、今まで練習したことが
パピールームと同じように出来るでしょうか?

家族で「オイデ」を順に呼んでもらうと、
一目散に呼ばれた所へsign03


顔の周りを触ったり、バンダナを通す練習は
ちょっと戸惑いながら、頑張ることができましたshine


そして、お散歩デビューに向けての練習です。
ここでは、オモチャのダンベル(フード入り)が大活躍!
一緒に歩く時のゴホウビになったり、


イスの下にもぐり込んでしまった時、「もう一度頑張ろう!」と
出て来る動機づけになりました。

         ⇓


本番のお散歩に行く時にも、必ずオモチャとゴホウビの
食べ物を持って行って下さいねpresent

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.01.25更新

グリックくん(ミニチュアダックス)は初めて参加なので
みんなが来る前にお部屋の中を探索させてあげました。


元気いっぱい走りまわって、用意してあるいろんな床材を
通過することはできましたが
箱で作ったトンネルやクレート(移動用のキャリー)に
自ら入ろうとはしませんでした。
そこで、クレートの中に一粒フードを入れておくと、
フードに気付いたグリックくんは覗いてから一歩踏み入れて
くれましたbleahgood
最初はこんな簡単なことから慣らしてあげましょう。
慌てて扉を閉めないこともポイントですsign01
ワンちゃんが自分で喜んで入るようになると、お出かけの時にも
すぐに入ってくれるので飼い主さんも助かります。


クレートと同様にサークルも上手に使い続けると、
とても便利なものです。
クラスでは子犬の時期だけでなく、
成犬になっても使うメリットをお話ししています。
そして、ワンちゃん自身がサークルにいることが好きになって
くれる方法や出し入れのコツを体験してもらいます。
おうちでも是非実践してくださいね。

サークルの中で楽しく遊ぶ寛太くん(柴犬)

飼い主さんの指示で
                   サークルに入っていく小太郎くん(トイプードル)

パピークラスでは物に慣らすことも何度も体験して
もらいます。
初めは大丈夫でもしばらくすると苦手になっていることも
あるので、慣れさせ続けることが大切です。
クラスに何回も参加してもらい、飼い主さんがワンちゃんの
成長やワンちゃんの気持ちの表現の仕方をを理解されると、
その子に合った慣らし方ができるようになります。
お散歩デビューまでにおうちの中でも物に慣れる体験を
たくさん作ってあげましょう。



チョコちゃん(シーズー)はレジャーシートや風船、人工芝、
ほうき等々にどんな反応をするかな?飼い主さんと一緒に
確認中です。

いろんなことを体験して1時間のクラスが終わるころには
少し疲れてしまう子犬がいます。
パピークラスに参加した日は帰宅後ゆっくり寝かしてあげ
ましょう。
練習は翌日からにしましょうねwink

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.01.18更新

トイプードルのモッシュくんモコくんマロンくん龍くん
9月に生まれた兄弟です。
パピークラスにはそれぞれのご家族と一緒に参加してくださった
ので時々会っていましたが、全員揃うのは久しぶりです。
 
左:モッシュくん         右:モコくん
 
左:マロンくん          右:龍くん

「ワンちゃんがおうちに来て良かったことはなんですか?」
との質問に、皆さんが「家族の会話が増えた!」と
ニッコリしながら答えてくださいました。
ワンちゃんは家族の絆も深めてくれますよね。

どの子も愛されていて、親犬も飼っていらっしゃる龍くん
飼い主さんは安心されたのではないでしょうか。

そして「困ったことはなんですか?」の質問には、
お散歩デビューしたところなので外で排泄できないとか、
ちょっとビックリして吠えることがあるとか、
ある場所にだけ行くのを怖がるとか、
側溝の蓋の上を歩けない等々がありました。

それぞれのお話を「うちの子もそうそう」とうなづいたり、
「そんなこともあるんだぁ」と熱心に聞かれていました。
ワンちゃんの個性があるので、みんなが同じことで困ることは
ないかもしれませんが、お互いに参考になるといいですね。

これからも皆さんワンちゃんと仲良く楽しんで
暮らしていただけると嬉しいです。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.01.18更新

アイコンタクトはワンちゃんとのコミュニケーションの1つです。
目が合った時に褒めてあげると、キラキラした表情で
見つめてくれるようになります。

イスに座っている飼い主さんとアイコンタクトする
小太郎くん(トイプードル)。


よそ見をしているYUIちゃん(ノーフォークテリア)。


リードで合図を送るとこっちを向くことができました。


バンダナを着けたチョコちゃん(シーズー)は
オスワリをしてアイコンタクト。


オスワリの姿勢を作るために食べ物を使うことがありますが、
ワンちゃんが食べ物だけを見て飼い主さんを見ていない・・・
なんてことにならないよう、
ワンちゃんの目線に注意しましょうnote

ワンちゃんの名前を呼ぶと、こちらを見てくれる。
それだけで絆が深まる気がしますhappy01

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.01.17更新

パピークラスは別名"犬の幼稚園"です。
おうち以外の場所では緊張して動けなくなってしまう子犬も
いるので、スタッフがゆっくりリラックスさせてパピールームや
色々な道具に馴染ませていきます。


パピークラスの中で何より楽しいのが遊びの時間です。
まずはオモチャ。


プライベートレッスンの場合は教室にあるたくさんのオモチャの
中から、その子犬に適したオモチャを探すことができます。
子犬の時期のオモチャ選びは精神面での発達に大きく影響
します!

オモチャに夢中になっているうちに、相性の会いそうな
スタッフ犬ふわりがさり気なく近付いてきて・・・


最後は犬同士触れ合うことができました。


クラスを楽しんだ小太郎ちゃん(トイプードル)


子犬の時期に出来るだけたくさんの場所・人・モノ・犬に
良いイメージで出会えるように工夫してあげましょう。
プライベートレッスンとグループレッスンに並行して参加すれば、
パピークラスの内容をより深く身につけていただくことができますよnote

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.01.11更新

今日は小太郎くん(トイプードル)と寛太くん(柴犬)が
パピークラスに初めて参加してくれましたshine
初めて来る場所にドキドキしながらも、
レジャーシートの上を歩けた小太郎くん


今日のクラスでは、ワンちゃんの歯磨きを練習しました。
ワンちゃんの歯は虫歯にはなりませんが、
磨かないと歯石が付いて口臭や歯周炎の原因になります。

いつまでも健康な歯でしっかりドッグフードやオモチャを噛める
ように、子犬のうちから歯磨きの習慣をつけていきましょうrestaurant

飼い主さんに歯ブラシの持ち方をお伝えしてから、練習開始です。
食べ物を使って、「歯磨き」と言うと
ワンちゃんが反応して近寄って来るようにします。

                        寛太くん

次に、歯ブラシを持った手とは反対の手でトンネルを作り、
ワンちゃんが自分からマズル(鼻先)を入れて来るように
セットします。

ミロちゃん(ミニチュアシュナウザー)

初回の歯磨き練習はここまでです。
少しずつ段階を踏んで、永久歯に生え換わる頃には
歯磨きができようになりましょうnote

寛太くんミロちゃんは他のワンちゃんをじっくり観察。
スタッフに抱っこされてリラックスしているのは、

YUIちゃん(ノーフォークテリア)です。


徐々に慣れてきた寛太くんは、自分のペースで
お部屋を探索し始めることができましたsign03


次は犬同士であいさつできるようになるといいねbleah

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.01.08更新

今日はファビィちゃん(トイプードル)がプライベートレッスンに
参加してくれました。


ファビィちゃんは体格が小振りなので、
じゃれ咬みをしたり、飛びついたり、吠えたりしても、
飼い主さんはそれほど困ることはないかもしれません。
だからといって、しつけをしなくていいわけではありません!

人の手を咬んではいけないことを教えると、
ゆっくり触れ合うことができます。


飛びつくかわりにオスワリを教えることは、
ワンちゃんの興奮を抑えるたけでなく、
膝の関節への負担を減らしてあげることにもなります。


また、ワンちゃんが吠える時は怖がっていたり、
不安な気持ちになっていることが多いです。
社会化期に様々な体験をすることで、
ワンちゃんに自信をつけてあげましょう。



マナーを身に付けたワンちゃんは心も体も健康に、
人と楽しく暮らすことができますhappy01

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2014.01.04更新

あなたのワンちゃんは「オイデ」と呼んだ時に、
どんな反応をしますか?
呼ばれたらすぐに来てくれることは大切ですが、
パピークラスでは「ワンちゃんがどんな気持ちで来たか」
重要視しています。
「オイデ」は飼い主さんとの関係がよく表れる号令ですhappy01

飼い主さんに呼ばれると、突進していく
YUIちゃん(ノーフォークテリア)。


勢いよく走って、大好きな飼い主さんのもとへ
一刻も早く近付きたい気持ちが見えますねdash


ワンちゃんが戻ってきた時のゴホウビは"フード"だけではありません。
上手に触ってあげると、"触ること"がゴホウビになります。
ミロちゃん(ミニチュアシュナウザー)はお父さんの膝もとで
触ってもらってウットリlovely


後半は、犬同士のフリータイムです。


クラスでは、いきなりワンちゃんを自由にすることはありません。
それぞれの性格を見ながら、どのワンちゃんも良い経験が
できるように工夫しています。
元気いっぱいのYUIちゃんと、少し怖がりな面もあるミロちゃん
サークル越しに会わせることから始めました。


今日は和やかなムードのフリータイムになりましたcatface

子犬は日々成長し、そして学習しています。
特に社会化期(生後約4ヶ月齢まで)の体験は、
ワンちゃんの一生に大きな影響を与えます。
パピークラスで良い体験を重ね、学んだことをおうちで
しっかり練習してきて下さいねshine

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ