2013.09.28更新

大好きな飼い主さんに近付きたくて、
後ろ肢だけで立っているモコちゃん(トイプードル)


とってもカワイイですがとびつきグセがついたり、
足に負担がかかることも・・・
まずはじっくり「オスワリ」できるようにしましょう!


食欲旺盛のレモンちゃん(ミニチュアダックス)は
フードが入れられるオモチャを使って耳掃除。
スムーズにお手入れができましたdog


オスワリもいっぱいできるようになりゴホウビにフードをもらえること
が多くなりましたが・・・
飼い主さんのお顔ではなく、ゴホウビが入っている容器や手が
気になってしまいます。


オスワリや一緒に歩く時にアイコンタクトしてできるとですねcat


パピークラスでは、その子にあったしつけの方法をお伝えして、
おうちで練習していただきます。
モコちゃんレモンちゃん、次週 成果が見られるでしょうかbleah

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2013.09.27更新

ライちゃん(ミニチュアダックス)は5カ月齢の元気な男の子。
サークルに入れると、外に出たくて吠えてしまいます。


でも、しばらく相手にならないと鳴きやみます。
吠えグセがついていない今のうちに、サークルから出たい時に
『吠えても無駄だ』ということを教えてあげましょうsign03

サークルの扉は、ライちゃんが吠えていない時に、


そして、オスワリをしたら褒めて


開けてあげます。


家族全員がライちゃんをサークルから出す時のタイミングに気を
つけると、吠えないでオスワリをする習慣がつきますよgood

"ワンちゃんの社会化期"と言われる月齢(3~14週齢)を過ぎてから
プライベートレッスン参加のライちゃん
1回目のレッスン(9月20日)では、初めての状況に
少し緊張していましたが、
今回は変な形のモノ(掃除機)にも積極的に近付いて
ニオイを嗅いで探索していました!


社会化期を終えると警戒心が強くなり、
怖くて吠えるようになることがあります。
怖がるものを作らないように、丁寧に慣らしてあげると
ワンちゃんは周りの状況に適応していくことができますhappy01

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2013.09.21更新

パピークラスのメニューは、大きく分けて
社会化トレーニングハンドリングの3つです。

今週のメニューは・・・ 
社会化:いろんな床材を踏んでみよう、ワンちゃん同士の触れ合い
トレーニング:コッチコッチ、オスワリ、フセ
ハンドリング:ブラッシング、歯磨き、抱っこの仕方 です。

初参加のロンちゃん(ミニチュアシュナウザー)は
床の上に置いてある人工芝や網に少し警戒しながら、
お部屋を探索。

飼い主さんが「オイデ」と呼んだり、フードやオモチャを使って
楽しい雰囲気を作ると、人工芝も網の上も通ることができましたhappy01
次は何に挑戦しようかな?

モコちゃん(トイプードル)は「コッチコッチ」の合図を
覚えたようです!
飼い主さんが手をヒラヒラさせて誘導すると、
その手について行きます。

上手にできたら褒めてあげることを忘れずにsign03
ワンちゃんのやる気がもっとアップしますよheart04

ブラッシングの練習ではフードを入れたオモチャを使いました。
孝太ちゃん(柴犬)とレモンちゃん(ミニチュアダックス)は、
食べることに夢中で、毛をとかれていても気にしません。
 

じっとするのが苦手な子犬には、食べ物を使いながら
お手入れをしてあげましょう。
苦手なコトと好きなコトを同時にしているうちに、
苦手意識が薄れてきてますclub

遊びの時間には、みんなじっくりと相手のニオイをかいでいました。

来週も、一緒に遊べるといいねcherry

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2013.09.14更新

今日のクラスでは、ワンちゃんが他人に慣れるために
パピーパスをしました。
飼い主さん全員が円になって座り、ワンちゃんを左隣の人に渡して
抱っこしてもらいます。

ご自身のワンちゃんとは性格も体型も違うワンちゃんを抱っこして、
楽しんでおられた飼い主さん達
では、ワンちゃんの反応はどうでしょう??

レモンちゃん(ミニチュアダックス)


non-noちゃん(ミニチュアシュナウザー)

「誰~??」と思っているのでしょうか?
抱っこしてくれている人の顔を一生懸命見つめていました。

パピーパスができるのも、グループレッスンのメリットです。
ワンちゃんは飼い主さん以外の人に優しく抱っこしてもらうという
貴重な体験ができます。
ワンちゃんが緊張したり嫌がってしまわないように、
食べ物をあげたり、オモチャで遊んで仲良くなってから
抱っこしましょう。
社会化期の間にいろんな人と触れ合って、
人が好きになってくれるといいですねdiamond

遊びの時間

non-noちゃん(左) きなこちゃん(トイプードル・右)


きなこちゃん(左) 孝太ちゃん(柴犬・奥) レモンちゃん(手前)


他のワンちゃんのニオイを嗅ぐのに夢中だったレモンちゃん
ですが、
飼い主さんに呼ばれると猛ダッシュで戻っていきましたnote
飼い主さんのことが大好きなんですねlovely

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2013.09.10更新

初めてワンちゃんを飼われたVALちゃん(ヨークシャテリア)の
飼い主さんにパピークラスの感想をお聞きしました。

家とは違った環境でいろんな行動を観察できたり、しつけを通して
たくさん触れ合うことができ、楽しい時間でした。最初は褒める
タイミングがつかめずに失敗の繰り返しでしたが、だんだん回を
重ねるごとに「こういうことなんだ」とわかるようになりました。
しつけ教室に来て、しつけや社会性を養うということの大切さ
を学びました。まだまだ完璧ではありませんが、ここで学んだことを
しっかり身につけVALとより良い関係になることを目指して頑張り
たいと思います。



活発で動きの激しい子犬を褒めるということは、実際やってみると
難しいことです。
的確なタイミングで褒めるためには、まず飼い主さんがご自身の
ワンちゃんの動きをきちんと見れるようになることが大切!
また、「どうやって褒めたら喜ぶかな?」ということを瞬時に判断
することも必要です!
VALちゃんの飼い主さんは、上手に褒めることができるように
なって下さいました。
これからも、VALちゃんとの絆を深めてくださいhappy01

すでにワンちゃんを飼われていて、2頭目としてウランちゃん
(ワイヤーフォックステリア)を迎えられた飼い主さんの感想も
ご紹介します。
つい大きな声で怒ったり、時間がなくなかなかできないことも
ありますが、今回参加して褒めることが大事とわかりました。


今までにワンちゃんを育てた経験があっても、
「"褒めるしつけ"は初めて」とおっしゃる飼い主さんも
多くいらっしゃいます。
人も犬も楽しめるしつけの方法で、お互いが快適に、
幸せに暮らせるようになってほしいなぁと思いますshine

叱ることがあっても、その10倍は褒めてあげてくださいね!!


左からハリスちゃん(トイプードル)、
    ウランちゃん(ワイヤーフォックステリア)、
    ポップちゃん(ヨークシャテリア×マルチーズ)、
    VALちゃん(ヨークシャテリア)

投稿者: 西向日どうぶつ病院

2013.09.07更新

今日の参加はチャオちゃん(チワワ)と
non-noちゃん(シュナウザー)、
そして初めて参加のモコちゃん(トイプードル)でした。

チャオちゃん とnon-noちゃん は何回か顔を合わせているので、
遊びの時間にはすぐに追いかけっこを始めました。
すっかり仲良しですheart01


モコちゃん は2頭の遊びが白熱してるので、
なかなか近づこうとはしませんでしたdespair
そこでサークルの中に入れてあげると、
2頭が寄ってきた時に鼻を突きだして
一生懸命ニオイを嗅ごうとしていましたね。


サークル越しなら激しい遊びに巻き込まれることがないので、
モコちゃんも自分のペースで犬同士の触れ合いに
慣れていくことができましたnotes

今日はバンダナの練習もしました。
体に何かを着けることに慣らしておくのも社会化のひとつです。

ワンちゃんとの外出時に抜け毛を落とさないために、
冬は防寒のために服を着せることになるかもしれません。
男の子はマナーベルト(マーキング防止の腹帯)、
女の子は生理パンツを履かせることもあるかもしれません。
その時になって上手に着せられなかったり、ワンちゃんが
嫌がったりしないように、今のうちから慣らしておくといいですよshine

みんな上手にバンダナを着けられたので記念撮影です。
  

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ