2019.08.03更新

「オイデ」と呼ばれると走ってやってくるフォーリンくん(ミニチュアダックス)はパピークラス初参加。190803-1 

パピークラスに参加するためには、当院で健康診断を受けて頂くことになっています。
診察の時には身体を診るだけでなく仔犬の性格も観察して、クラス分けの参考にしています。

飼い主さんと並んでパピールームに入ってきたのは、2回目参加の権太くん(トイプードル)。190803-2


今日のクラスに参加してくださった2頭は、新しい場所や知らない人がいても、元気いっぱい動き回るタイプと予測してプランをたてました。
好奇心旺盛なタイプの仔犬には、勝手に動き回るのではなく「オイデ」と呼ばれて飼い主さんの側に戻った時や、「コッチコッチ」と指示された場所に行った時に褒められる経験を増やしたいので、飼い主さんと一緒に楽しいことをたくさんしてもらいます。

楽しくトレーニングしていても、10分に1回くらいはサークルに戻して休憩をさせましょう。この時に排泄を促してトイレのしつけもしていきます。190803-3
サークルに戻す時は無理矢理入れるのではなく、ワンちゃんが自分から戻れるように練習します。素直に手の動きについてくる幼い時に楽しく練習しましょう。権太くんも上手に入れそうですね。

ワンちゃん同士相性が良いと、お互いに誘うようにピョンピョン跳んだり、追いかけっこをしたりします(^^)190803-4

 


楽しく遊んだ後は、ゆっくりする時間を作ります。
優しくそーっと仰向け抱っこにしてみましょう。ワンちゃんがリラックスしていたらゴホウビのフードを時々あげます。活発な仔犬も、飼い主さんとの触れ合いを心地よいと感じられるようになっていきます。
この姿勢は初めてというフォーリンくんですが、リラックスして穏やかなお顔です。190803-5
元気な仔犬と触れ合いたいけど咬まれて痛いとお悩みの飼い主さんも多いです。
パピークラスでは、適度な発散と落ち着かせる練習法をお伝えしますので、仲良く過ごせる時間が増えるといいですね。

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ