2019.06.01更新

今日はもうすぐお散歩に出られるワンちゃんを集めた待合室のクラスが開催されました。
元気な3頭ですが、時々吠える場面がみられます。
嬉し過ぎて興奮したり、不安だったり、いろんな気持ちでワンちゃんは吠えます。
吠えた犬の飼い主さんには、どんな気持ちで吠えたかを考えていただき、
吠えられた犬の飼い主さんには自分の犬が吠え返さないように、食べ物を与えたり気をそらせることをお願いしてクラスを進めていきました。

ゆづちゃん(トイプードル)190601-1
飼い主さんや他のワンちゃんに呼び掛けるように吠えることがありました。
吠えてもかまってもらえず、オスワリすると希望が叶うことを繰り返し体験してもらいましょう。


アネラちゃん(チワワ)190601-2
動く物や音に反応しやすいようです。気になる物を凝視させないように飼い主さんが視線のコントロールをしてあげると吠えずにいられるでしょう。 

諭吉くん(ビーグル)190601-4
スタッフの説明が長くなると退屈して吠え始めます(^_^;)
気が紛れるようにフード入りのオモチャをあげると大人しくできましたね。
吠えそうな場面では、吠える前の対策が必要です!

マット練習はそれぞれ飼い主さんに集中して吠えることもなく静かな時間でした(^_^)190601-5 

吠えるからと叱っても、何の解決にもなりません。落ち着くことを体験させてあげましょう。


他にも大人しく抱っこして体を触ることやオモチャを使ったブラッシング方法、バンダナをつける練習などをしました。
飼い主さんがワンちゃんから隠れて「オイデ」と呼ぶこともしてみました。
みんな無事に飼い主さんを見つけ出すことができました(^_^)v

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ