2019.05.31更新

クロロくんは黒い柴犬、6か月齢になりました。190531-1

これまでは診察時に飼い方やしつけのお話しをしてきましたが、体調が整ったので今日は元気にプライベートレッスンに参加してくれました。

子犬は“甘咬み”と表現される遊び咬みやじゃれ咬みをよくしますね。「寄って来たら噛むし、こちらから触ろうとすると逃げてしまう」そんなお悩みもよくお聞きします。

まずはクロロくんが自分から寄ってくるようにして、190531-2 

お口を触ったり190531-3

頭を触ったりする練習をしました。190531-4

この練習をする時、人は身体を動かさないでいるのがポイントです。
どうすればワンちゃんが寄って来て、触らせてくれるようになるのか?
飼い主さんとワンちゃんの興味や動きに合わせて実技が出来るのがプライベートレッスンの利点です。

いろんな物を咬むこともお悩みですが、物を咥えることが面白いようなので、それをルールのある遊びに変えていきましょう!
音や食べ物を使ってオイデの練習をしたり、予習していただいたオスワリのレベルアップをしたり、クロロくんは最後まで元気いっぱい課題に取り組んでくれました。190531-5

レッスン前半は人の手からゴホウビを貰う時に歯を当てながら食べていましたが、後半では歯を当てないで優しくフードを食べられるようになりましたね。
頭を使うと人もワンちゃんも程よく疲れます。今日はゆっくり過ごしてくださいね。
おつかれさまでした(*^_^*)☆

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ