2018.12.01更新

今日の1部目のクラスは、共に2回目参加の子犬さん達で、最初は手足や耳・顔を触る練習からです。
耳を触ってもらっているタロウくん(柴犬)181201-1

口を触ってもらっているモカちゃん(ミニチュアシュナウザー)181201-2

子犬が活発に動きまわっている姿はご家族を和ませてくれるでしょう。
でも、落ち着いて触らせてくれる子にもなって欲しいですよね。(特にお手入れの時!)
顔を触っている時に、ワンちゃんが前かがみになっているのは、嫌がっていない証拠です!ただし、触れるからといって長く触りすぎるのは禁物ですので、短時間で行いましょう。


次に、診察室の出入りや金網の上を歩く練習をしました。181201-3
タロウくんは診察室と待合室の間で少し立ち止まって匂いを嗅いでいましたが、その後スムーズに待合室へ出ることができました。

前回は金網の所に来ると立ち止まってしまっていたモカちゃんでしたが、今日はご家族の誘導で乗れるようになりましたね。181201-4 

人にとっては些細なことが、子犬にとっては大きなハードルになることがあります。
無理強いせず、子犬自身がそれを乗り越えられるようにサポートしていきましょう。

最後は、ご家族に少し離れて頂き、ワンちゃんがどう反応するかを見ました。それぞれご家族のことが気になりつつも待っていられました!181201-5
スタッフからフードをもらって食べ、オスワリやフセもできていました。


2頭とも、心身ともにすくすくと成長している様子がみられた1時間でした。
今日お伝えしたことをお家でも毎日少しずつ取り入れてみて下さい。次回も、「こんなことができるようになったよ!」とスタッフを驚かせに来て下さいね

投稿者: 西向日どうぶつ病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:075-921-0602 お問い合わせ